天海祐希と焼酎古酒に酔い潰れる

天海祐希と焼酎古酒に酔い潰れる

この週末、友人H宅で天海祐希上映会を企んだ。一緒にゲキ×シネの『髑髏城の七人』を観に行ったときに友人Tが買い込んだ『薔薇とサムライ』のDVDと、私の手許にある(封も切っていない)『オケピ!』と『阿修羅城の瞳』のDVDの計3本を持ち寄ったのだが、Tが寝坊、Bが日にちを間違えて、上映開始時刻が3時間ずれ込んだために、残念なことに結局1本半しか観ず終いに終わってしまった。

http://www.bara-samu.com/
古田新太・天海祐希:ゲキ×シネ
「薔薇とサムライ」公式サイト
via kwout

未見のHとBのために、まずは『薔薇とサムライ』を酒を飲みながら観たのだが、これが実に楽しい。そもそも『薔薇とサムライ』自体が超娯楽作の楽しい作品なのだが、友人と酒と肴をかっ喰らいながら好きなことを言い合って観るのがこんなに楽しいとは思わなかった。いのうえ歌舞伎の名の通り、まさに升席で弁当を食いながら観劇している気分ですこぶる面白い。

それにしても何度観ても天海祐希のスター性はものすごく、所見のHとBはいっぺんに参ってしまっていた。私も3度目にしてようやく古田新太の出番がめちゃくちゃ少ないことに気づいたくらいで、まあはっきり言ってしまえば天海由希以外はどうでもよくなってしまうくらい目を奪われていたワケだ。

酒が入ったこともあいまって、『イースター・パレード』を観終えた時と同じような幸せな気分に入ったところで、晩飯の予約まで2時間半しかないことに気づく。残る2枚のDVDはどれも3時間以上ある。仕方がない全部みるのは諦めて『オケピ!』の1幕だけで観ようとDVDを見始めたのだが、酒が回ってしまったHとTが次々と轟沈していく。

http://www.amazon.co.jp/%E3%82%AA%E3%82%B1%E3%83%94-The-Orchestra-2003-PARCO%E5%8A%87%E5%A0%B4DVD/dp/4891948493/ref=pd_sim_b_1
Amazon.co.jp: オケピ! The Orchestra Pit 2003
(PARCO劇場DVD)
via kwout

マグロを二本並べた部屋で、私とBは楽しく『オケピ!』を観たのだが、こちらの天海祐希は脇役ということもあってさほど目立たないまま話が進む。ところが1幕の終わり近くに彼女のナンバーがかかると、途端にまたしても一人で全部持っていってしまうのだ。あの足ですっと踊られると、『バンド・ワゴン』のシド・チャリシーか『精霊狩り』のダーナ・ドンブンブンが出てきたかのように、もうそこに釘付けになってしまう。

『オケピ!』の1幕目を観た限りでは、戸田恵子はうまくて、布施明はすごくて、天海祐希は(全部持ってくという意味で)ひどくて、『ガラスの仮面』の舞台荒らしのエピソードを思い出してしまった。

そんなこんなで、天海祐希をたっぷりと堪能した後は、希酒喰肴 鈴やへ野菜を堪能しにでかけたワケだが、酒が入りすぎた私は野菜を食べることなく席を中座、何度もトイレに立ち寄りながら帰宅する羽目になってしまい、まこと画竜点睛を欠く始末となったのであった。