分割払いの罠にハマりiPad Pro 12.9インチをポチる

分割払いの罠にハマりiPad Pro 12.9インチをポチる

Chuwi Hi12をポチろうとしたらなぜかAppleストアのショッピングローン分割金利0%キャンペーンにブチ当たってしまった顛末は先に述べた通りだ。8月31日までであれば、24回払いまでは金利が0%だという。つまり10〜12回払いなら月1万の負担でiPad Pro 12.9インチを購入できるということになる。

問題は自由業の私がローンの審査に通るのか、ということである。だが、逆に言えば審査に落ちるのなら、どうせ初めから一括では購入できない身の上なのだから諦めもつきやすい。

そこで早速iPad Pro 12.9インチをポチることにした。

現時点で、初代iPad Pro 12.9インチの整備済み製品もAppleストアには並んでいて2万円ほど安く済むのは魅力的だ。ただ、今回は120Hzのリフレッシュレートによるヌルヌルスクロールが欲しくて第2世代を購入することにした。なろう小説をWeb上で読む際、スクロールで目がチカチカする時があるので、これの回避を目論んだのだ。

第2世代からは128GBモデルが消え、64GBの上は256GBとなる。動画を見ない私には256GBはオーバースペックなのだが、128GBのiPad Air 2を使っていると、電子書籍を適当に放り込んでいるだけで64GBだと窮屈になるとわかっているので、256GBモデルを選択する。

9.7インチのiPad Air 2はセルラーモデルにしたけれど、12.9インチともなると外に持ち出すことはまずなさそうだし、どうしても持ち出して利用したい場合はiPhone SEのテザリングで済ませばいいということで、Wi-Fiモデルを選択。そもそも最近は外出自体をほとんどしてないしね。9万7800円(税込み10万5624円)也。

加えてiPad Proを買うならぜひ使ってみたかったApple Pencilも購入。お絵描きや手書きをするかどうかは不明だが、コミックスのキャラ紹介や広告ページを作成する際の、キャラ切り抜きに使えればいいなと考えてのことだ。1万800円(税込み1万1664円)也。

さらに外で使うことはほとんどないとはいえ、画面が大きくなっていることを考えると画面が割れる可能性も低くはないので、9400円(税込み1万152円)でAppleCare+に加入する。

締めて税込み12万7440円也!

これを確定して、支払い方法でローンを選ぶと、支払い確定後オリコのローン契約ページに飛ばされる。ここでの手順については「Apple ローンの申込手順について | ネコごはん」に詳しいので省くけれど、編集業なので、職業「自営業」、職種「その他サービス」、お勤め先「自宅」、と入力した時には「ああ、これアカンわ〜」という気分になる

それでも最後まで入力して送信すると、ひとまずは審査が終了したとの表示が出る。これは審査が通ったのかな、と思ってAppleストアを確認すると……

お支払い確認中 ご入金や審査/承認の確認後、最新の出荷・お届け予定日をメールでお送りします。

と表示される。

う〜む、どうやら審査は難航しているようだ。先に挙げたエントリーだと1時間くらいで承認されたようだが、2時間経ってもAppleからの「ご注文ありがとうございます」メールは届かない。

うん、どうやらiPad Pro 12.9インチは酸っぱいブドウだったようだ。

そう諦めて在宅勤務をしていると、6時間ほどしてAppleからメールが届く。はいはい、お祈りメールね、と思ってメーラーを見てみると、「ご注文ありがとうございます」メールの方だった。

おやおや、あんな身元不確かな人間でもローンが通るのか、クレジットヒストリーって大事だわぁと感じ入る。とはいえ、大人気(らしい)iPad Proゆえ、手許に届くのは来月の7〜17日とのこと。急いではいないので困りはしないけれど、30日に届くはずのApple Pencilは1〜3週間ほど持て余すことになる。iPad Pro 12.9インチが届く前に失くさないようにしないと、と心に決めるワタクシめであった。

p.s. 2018年になってもApple、24回分割金利無料キャンペーンを延長 9月3日まで – iPhone Mania(そして9月30日までは12回まで分割金利無料)という風に、割としょっ中金利無料キャンペーンは実施しているので、iPad Proの支払いが終わったら、iMacの買い替えも視野に入れてもいいかもしれない、などと考えているところだ。