小田原駅裏の金券自販機を覗く

小田原駅裏の金券自販機を覗く
m_odawara
JR東日本:駅構内図より

小田原駅は東口が正面で、西口の新幹線側は裏口にあたる。正面の東口を降りてすぐ左側には金券ショップがあるのだが、その金券ショップが、やはり西口を出てすぐの左手に自動販売機を置いている。

この自動販売機で扱っているのは、新幹線の切符やJR、小田急の切符などである。一応、どんなものがどの程度で売っているのかと、今回小田原に行った際にじっくりと値段表を眺めてみた。
OdawaraKinken3 OdawaraKinken1基本は回数券のバラ売りや株主優待券なワケだが、4枚まとめ買いで小田急での新宿までの880円が720円にまで下がる。ただ、ヤフオクで株主優待券を買うと送料込みで620〜650円程度で購入できるので、余裕があるのなら、そちらで地道に買っておくべきだろう。もっとも株主優待券は5月末日と11月末日で期限が切れるので、期限切れの直前ではヤフオクを使うよりは、この販売機で購入したほうが使い残しを持たないで済む分お得だろう。

また、この株主優待券での割引切符は小田急だけではなく相鉄のものも扱っているらしく、海老名〜横浜間で310円→260円というものも扱っている。

OdawaraKinken2面白いのは横浜まで小田急→海老名→相鉄というルートでの切符も扱っていることで、JR経由より30分近く余計にかかるものの、お値段的にはそこそこ安く済む。多分海老名までの回数券と相鉄の株主優待券との組み合わせなのだろう。

先にも書いたように、新宿に出る際には基本ヤフオクで落とした株主優待券を使うだろうから、あまりこの自販機を使うことはないだろう。ただ、横浜に出る時にはのんびりと海老名回りで行くことがあるかもしれないし、東京までこだまで出ようと思う時には利用することになるかもしれない。もっともそんな必要に駆られる局面というのは、成田発のLCCに乗り遅れそうになる時くらいしか浮かばないのだけれども。